犬 高脂血症(脂質代謝異常症) 食事

犬の高脂血症に最適な国産無添加の食事療法フードについて

犬の高脂血症と食事

 

このページでは、犬の高脂血症によって引き起こされる主な症状や、病気の原因、食事療法を行うにあたっての注意点を解説しています。

 

また、犬の高脂血症をケアする食事療法に、非常に優れたフードについてもご紹介します。

 

犬の高脂血症の原因や症状

 

血液検査で発覚することが多い、犬の高脂血症。高脂血症は、脂質代謝異常症と呼ばれる疾患で、血液中の脂質の濃度に異常がみられます。

 

犬の高脂血症は、単独の症状として現れているケースよりも、別の病気を併発していることが疑われることが多いです。
また、単独症状であっても放置しておくと、膵炎や糖尿病などの病気を引き起こす可能性が否定できません。

 

早期発見、早期治療を心がけたい病気のひとつなのです。

 

そんな高脂血症は、どのようなことが原因で起こるのでしょう。食事により予防、改善ができるとも言われているこの病気について、学習していきましょう。

 

・犬の高脂血症の原因

 

犬の高脂血症は、遺伝性のものと、後天的なものがあります。

 

シェットランド・シープドッグやミニチュア・シュナウザーのごく一部に現れる、高LDL-コレステロール血症や高VLDL-中性脂肪血症は、遺伝的な要素が高いと指摘されています。

 

しかし、多くは甲状腺機能低下症クッシング症候群膵炎、糖尿病等による症状のひとつとして発覚します。また、食事を中心とした生活習慣も、重要なトリガーであると考えることができるでしょう。

 

・犬の高脂血症の症状

 

犬の高脂血症は、血液検査によって発覚することが多いのですが、以下の症状があらわれることがあります。

 

1・下痢や食欲低下

犬の体調不良時に多い下痢や食欲低下の症状。
この症状だけで判断することはむずかしいでしょう。

 

しかし、排泄物の状態や食事の様子は、どんな病気でも受診のサインになりますので、見逃さないようにしたいです。

 

2・神経症状

てんかんのような発作を伴う、神経症状を訴えるケースがあります。

 

3・嘔吐

下痢と同様、嘔吐もチェックしておきたいポイント。
どのくらいの頻度で、どのようなタイミングでの嘔吐が多いのかを観察し、吐しゃ物による窒息や脱水に気をつけましょう。

 

その他、犬の高脂血症が別の病気由来の可能性がありますので、高脂血症を単体で発見することの方が珍しいかもしれません。

 

どんなことでも、普段と違った様子がみられるときは、早めに獣医さんの診察を受けましょう。
検査の一環で高脂血症が発覚したら、主だった病気を治療しながら、高脂血症の改善を目指すことになるでしょう。

 

そこで、ますます食事の重要度が高まります。

 

 

食事のポイント

 

犬の高脂血症の予防、改善には食事が第一です

 

高脂質で高タンパク、高糖質でグルメな食事を続ければ、人間だって病気になります。
犬の食事も同様、食事の質を高めておきましょう。

 

1・高繊維で低脂肪

近年、腸内環境を整えることで、脂肪の代謝が良くなると言われています。

 

血中のコレステロール値や中性脂肪を減らすには、きちんと体内から余分な脂肪を排除しなければなりません。
そこで、玄米やさつまいもなど繊維の多い食材を取り入れると、お腹の調子も整い、代謝のコントロールがしやすくなるでしょう。

 

2・血糖コントロール

犬の高脂血症は、血糖値が急激に上昇し、糖尿病を併発することがあります。

 

そこで、日々の食事でも血糖コントロールを意識すると安心です。
消化されやすい、糖質を多量に含んだ食材を減らし、芋などの炭水化物と上手に組み合わせて摂取します。

 

果物なども、食物繊維が豊富で、ビタミン類の補給にも適していますが、同じように糖質が高いものもたくさんあります。

 

適量をリサーチしてから食事に取り入れましょう。

 

3・高脂血症に対応したドッグフードを活用する

全てを手作りで用意するのは大変な労力を要します。ゆっくりと症状改善、予防を続けていくわけですから、飼い主が看護疲れをしては元も子もありません。

 

幸い、犬の高脂血症、糖尿病治療食を謳った無添加で栄養バランスの整った、療法食ドッグフードが市販されています。獣医師監修の良質で新鮮なものを選びましょう。

 

動物病院によっては、院内で販売、推奨しているドッグフードがあります。獣医さんが推奨するものでしたら、試しに食事に組み込んでみてはいかがでしょうか。

 

犬の高脂血症は、生活習慣の改善で予防することができる可能性があります。
日々の食事はあらゆる病気の予防につながりますので、症状の有無にかかわらず、質を高めていきたいですね。

 

 

高脂血症の犬が併発しやすい合併症

 

前述したように、高脂血症の犬は、既に合併症を患っていたり、他の病気を併発するリスクが高いとされています。犬の高脂血症は、高脂血・高血糖を伴うため、高脂血・高血糖と深い因果関係がある疾患を発症する危険が大きいためです。

 

例に挙げれば、「クッシング症候群」・「甲状腺機能低下症」・「糖尿病」・「膵炎」などで、肥満やメタボからこれらの病気を合わせて発症するケースも少なくはありません。

 

ただ、これら全ての病気には、共通した食事のポイントがあります。上記に触れているように「高脂血・高血糖」との因果関係が深いため、「高脂血・高血糖」に配慮した食事療法が出来れば、併発しやすい疾患の全てを、ケアすることが出来るということです。

 

高脂血症の愛犬に最も適したフードとは!

 

お伝えしてきたように、犬の高脂血症は合併症を伴いやすく、出来れば併発しやすい病気を視野に入れた食事療法が理想です。

 

例えば、甲状腺機能低下症を併発してる犬にキャベツを与えてはいけないことや、クッシング症候群の食事管理でも注意点がありますので手作りで食事療法を行うのは大変負担がおおきくなります。

 

そこで併発しやすい合併症を同時にケアできる療法食フードについてご紹介したいと思います。高脂血症の犬が併発しやすい合併症にも最適な栄養バランスで、全ての臨床栄養をクリアした国産の療法食になります。

 

人工添加物を一切使用せず、深刻な病状の愛犬に与えた飼主さん達の評判が良いのが特徴です。

 

犬心 糖&脂肪コントロール

犬心 糖&脂コントロールの特徴
・犬の高脂血症と併発しやすい、クッシング症候群・糖尿病・膵炎・甲状腺機能低下症・胆泥症を同時にケア出来ます。

・肥満解消でダイエットにも効果的。

・食い付きも良く購入者の95%がリピーターです。

・無料で試せる200gの無料サンプル有り。

価格
3kg 7,040
評価
評価5
備考
送料無料 定価8,580円(税込)⇒ 7,040円(税込)
犬心 糖&脂コントロールの総評
『犬心 糖&脂コントロール』が凄いのは、犬の高脂血症と併発しやすいクッシング症候群・糖尿病・膵炎・甲状腺機能低下症・胆泥症といった複数の病気について、全て同時にケアできる臨床栄養をクリアしているところです。

製造から販売まで全て日本国内で行われている純国産の療法食で、利用者の95%がリピートしてる安心フードです。


フードに切り替えは少しづつ今のフードに混ぜながら、5日程度かけて行うほうが上手くいくそうです。

薬膳レシピ みらいのドッグフード療法食SU

みらいのドッグフードの特徴
・国内の製薬会社が開発した薬膳レシピの療法食。

・13種類のラインナップで犬の高脂血症の合併症にも対応。

(高脂血症には特別療法食SU膵臓用。)

・世界初、犬のマクロビオティック思想を取り入れた。

・公式直販限定40%OFF、30日間返金保証!

価格
3s 10,560
評価
評価5
備考
送料無料 16,500円(税込)⇒ 10,560円(税込)
みらいのドッグフードの総評
製薬会社が開発したみらいのドッグフードシリーズは薬膳レシピの療法食ドッグフードです。

犬の高脂血症には「特別療法食SU膵臓用」がおすすめで、「甲状腺機能低下症」「クッシング症候群」「細菌・ウィルス・寄生虫感染」といった合併症などにも有効です。


国産で完全無添加、犬の高脂血症による臨床栄養を踏まえた療法食で、多品種のスーパーキノコによる免疫力サポート作用もおすすめです。


こちらからなら公式直販限定の最安値(40%OFF)定期購入が30日間返金保証付になります。


定期縛りも無いので安心。


フードに切り替えは少しづつ現状のの食事に少しづつ混ぜながら、5日程度かけて行うほうが上手くいくそうです。

 

ご紹介した療法食フードは、まだ知名度こそそんなに高くはありませんが、併発しやすい合併症にも対応できるので、高脂血症の犬には最適な療法食だと言えるでしょう。

 

食材から生産まで全て日本国内で賄う純国産のナチュラルドッグフードで、犬の高脂血症や合併症への臨床栄養を備えています。

 

しかも、病気の原因ともなっている、市販のフードに含まれている添加物なども一切使用しないヒューマングレードで、人間が食べれるレベルのものになります。

 

 

まとめ

 

犬の高脂血症での食事の注意点や食事療法に最適なフードについてお伝えしてきましたが、いくらかでもお役に立てたなら幸いです。

 

多くの動物病院ですすめられている療法食も悪くはないのですが、海外製のフードが大多数で、食い付きに難があるという声が多いのも確かです。

 

手作りという選択肢もありますが、病状に合った臨床栄養を毎日作り続けるというのはかなり難しいでしょうし、与えてはいけない食材もありますので、こちらでご紹介した療法食が現実的だと思います。

 

あと、甲状腺機能低下症の犬に与えてはいけない食材という記事も参考になると思いますので、是非そちらも合わせてご覧ください。


トップへ戻る